あんこやの和菓子レシピ


 
実店舗ご紹介(幸手本店)
幸手駅にほど近く、国道4号線沿いにある和菓子屋です。

お近くにお越しの際には是非ともお立ち寄りください。
デザイン用ライン
〒340-0115
埼玉県幸手市中2-11-27
TEL:0480-44-1011


【営業時間】
平日 10:00~17:00
【定休日】
土曜、日曜、祝日

店舗運営責任者
店舗セキュリティー責任者
北條裕明
デザイン用ライン

 
携帯ページ
あんこのお取引の流れ あんこのお問い合わせはこちらのEメールで! あんこのお問い合わせはこちらからお電話ください

 

お手軽簡単和菓子レシピ

桃の練りきりの作り方の動画


材料と配合(8個分)

練りきりあん:250g
小豆のこしあん:160g
色素(赤、緑):極少量

練りきりあんの作り方はこちら!
こしあんは外側の練りきりあんと同じかそれ以上の硬さにしてください。
電子レンジを使えば簡単に硬くなります。
詳しくは動画をご覧ください。

1,練切あんを80g120g50gに分割します
80gをそのまま、120gを赤く、50gを緑に着色します

極少量の色素を極少量の水で溶き、あんこを少しとって着色してよく練って、それを残りのあんこに混ぜ、よく練ります。


色は少しずつ濃くしていくのがコツです。ビニール手袋装着をお勧めします。
ペタンペタンと何度も折ってよく練りこみます。
詳しくは動画でごらんください。

2,赤を15g、無着色を10g、緑を3g、こしあんを20gに分割し丸めておきます。




3,白と赤の練りきりあんをぼかしてから、こしあんを包みます。

赤いあんこを少量とって白いあんこの外側につけます。後でここに割れ目をつけます。


赤いあんこを白いあんこで包みます。完全に包む必要はありません。ピンクを薄っすらボカすのが目的です。


こしあんを包みます。こちらはしっかりと閉じます。


包むのが苦手な方は、中のあんこを硬くしてみてください。あるいは比率を変えて中のあんこを少なくしてください。

外側に赤いあんこをつけてから包みますと、うまいぐあいにボケ味がでます。後でつけるとはっきりと色が変わってしまいますので風情がでません。

4,形を整え少量の赤いあんこをつけたところに割れ目をつけます。


5,緑のあんこを葉の形に整えます。


6,本体に葉っぱをつけて完成です。


使用したあんこはこちら!

北條のこし餡

白練あん


関連ページ

練りきりあんの作り方

求肥の作り方

以上

動画もごらんください
桃の練りきりの作り方