あんこやの和菓子レシピ


 
実店舗ご紹介(幸手本店)
幸手駅にほど近く、国道4号線沿いにある和菓子屋です。

お近くにお越しの際には是非ともお立ち寄りください。
デザイン用ライン
〒340-0115
埼玉県幸手市中2-11-27
TEL:0480-44-1011


【営業時間】
平日 10:00~17:00
【定休日】
土曜、日曜、祝日

店舗運営責任者
店舗セキュリティー責任者
北條裕明
デザイン用ライン

 
携帯ページ
あんこのお取引の流れ あんこのお問い合わせはこちらのEメールで! あんこのお問い合わせはこちらからお電話ください
あんこ・業務用練り餡の通販【早稲田屋】»  あんみつ(みつ豆)の作り方

お手軽簡単・和菓子レシピ あんみつ(みつ豆)の作り方

お手軽簡単和菓子レシピ



あんみつ(みつ豆)の作り方

材料

寒天
 糸寒天:4g
 水:600g

求肥
 白玉粉:100g
 砂糖:200g
 水:200ml

黒蜜
 黒糖:50g
 白双糖:50g
 水:100ml

赤エンドウ豆:適量
粒あん:適量

お手軽に粉末寒天をご利用になる場合は、原料がテングサでなくオゴノリの粉末寒天が多く、少しパサツキますのでご注意ください。

1,糸寒天を約40度のお湯に約2時間つけます
水につけるなら約8時間(一晩)夏場は冷蔵庫でつけてください。
あんみつ(みつ豆)の作り方

2,赤えんどう豆をよく洗い、少量の重曹を入れて煮ます。
水は豆の4倍程度。
沸騰したら弱火で5分煮ます。
その後30分放置します。
渋切り(煮汁を捨てること)後再度同じように煮ます。
2回目は重曹は入れませんでした。
一粒味見した後水を切って冷蔵庫に入れておきます。
あんみつ(みつ豆)の作り方

3,糸寒天をつけておいた水を捨て糸寒天と600mlの水を鍋に入れ火にかけます。
沸騰したらしばらく弱火にします。
完全に溶かします。
あんみつ(みつ豆)の作り方

適度な容器に入れます。
粗熱をとったら冷蔵庫で冷やして固めます。
几帳面な方は型に流す前に裏ごししてください。

4,求肥を作ります。
電子レンジ対応容器に白玉粉を入れます。
水を数回にわけて入れ、よく混ぜます。数回に分けて水を入れるとダマになりにくいのです。次ぐに砂糖を入れて混ぜます。
電子レンジで約2分加熱し混ぜます。
これを数回繰り返します。
あんみつ(みつ豆)の作り方

トレイに餅とり粉を用意し、求肥に餅とり粉を付けて長方形にのばし、冷やしておきます。
冷めたら切っておきます。
あんみつ(みつ豆)の作り方

砂糖が多いので冷凍対応もいいので、作りダメできます。

5,黒蜜を作ります。
水、白双糖、黒糖を鍋に入れます。
沸騰したら弱火にし完全に砂糖を溶かします。
あんみつ(みつ豆)の作り方

裏ごしします。。
粗熱をとってから別の容器に移し、冷蔵庫に入れておきます。
売り物にするなら屈折糖度計で糖度を管理してください。
65度以下で腐敗しやすくなり、68度以上で再結晶しやすくなります。
66度~67度がお勧めです。

6,寒天が冷えて固まったら適当な大きさに切ります。
あんみつ(みつ豆)の作り方

7,後は用意したものを盛り付けるだけです。
寒天は離水しやすいのでおはやめにお召し上がり下さい。
特に蜜をかけた後は浸透圧で水分をはきだします。
アイスクリームやフルーツを添え,お好みのスイーツに仕上げてください。
あんみつ(みつ豆)の作り方

使用いたしましたこしあんはこちら
こし餡

動画もごらんください
あんみつ(みつ豆)のつくり方