あんこやの和菓子レシピ


 
実店舗ご紹介(幸手本店)
幸手駅にほど近く、国道4号線沿いにある和菓子屋です。

お近くにお越しの際には是非ともお立ち寄りください。
デザイン用ライン
〒340-0115
埼玉県幸手市中2-11-27
TEL:0480-44-1011


【営業時間】
平日 10:00~17:00
【定休日】
土曜、日曜、祝日

店舗運営責任者
店舗セキュリティー責任者
北條裕明
デザイン用ライン

 
携帯ページ
あんこのお取引の流れ あんこのお問い合わせはこちらのEメールで! あんこのお問い合わせはこちらからお電話ください

 
あんこ・業務用練り餡の通販【早稲田屋】»  たい焼き屋開業を目指す方のための白いたいやき講座

たい焼き屋開業を目指す方のための白いたいやき講座

お手軽簡単和菓子レシピ

白いたいやきレシピ

業務用たい焼き機を使った白いたいやきの作り方


白いたい焼きの生地の材料と配合

生地の配合
白いたいやきミックス粉:1000g
冷水:1200cc
水の量はあんばいを見て調整してください

1,使用する道具
チャッキリ、あんさし、あんべら、油引き、目打ち

2,水・粉をボールに入れ、混ぜます

泡だての跡が残るくらいに混ぜます

3,あんさしにあんこを盛り、定量をとる練習をしておきます
個人差が出るといけませんので、店主様がきっちりと指導してください
詳しくは動画をごらんください。

4,たい焼き機に点火。極く弱火です

5,油をひきます
新しい機械を購入されましたら、念入りに焼き込みしてください
薄く油をひいて、数十分間は弱火で版を焼き続けるのです
油がなじむまでは結構時間がかかりますが、一度なじんでしまうと、後は軽く油をひけばOKです
使用しております版は小さい型のもので、通常の半分以下です

6,生地を落とします
普通のたい焼きよりも膨張力が弱いので生地の量は少し多めです
胴体の部分がすりきり程度の生地を流し、ななめに傾けてしっぽの方に流しますと、すりきりよりも少し下くらいの分量となります。
白いたいやきの場合はこれくらいでいいのです

7,あんこを入れます
定量をバランスよく真ん中に入れてください

8,やけてきましたら合わせる前に目打ちでおこしておきます

写真のようにあんこをいれた側は随分盛り上がってます
あんこの周りがやや生っぽい状態ですが、ひっくり返しますと合わせのほうに入るので、しっかりと火が通るのです
合わせの生地は少量でないとはみ出してしまいます

9,合わせのほうに生地を落とし、版をななめにしてしっぽのほうに生地を流し、速やかに合わせます。




10,焼きあがったら網の上で冷まします

割ってみて生焼けでないかどうか確認してください。生焼けは厳禁!
表面がカリッとしてたら焼けてます。弱火でじっくり焼いてください。強火ですと表面がこげても中まで火が通らなかったりします。あんこはたっぷり入れたほうが生焼けになりにくいので、あまりケチらないでください。あんこは一度火が通ってますので生地だけしっかり火を通せばいいのです


最近は超低糖度のあんこを見かけますが、夏場などは油断すると作業中に傷んでしまいますので、温度管理や落下菌にはくれぐれもご注意ください。弊社では特に低糖度のあんこは扱っておりません。


以上です
おつかれさまでした

使用したあんこはこちら!

北條の小倉餡

北條の小倉餡を使用しましたが、安価な小倉餡特上でも十分おいしいたい焼きができます。

その他のあんこもご紹介いたします
北條のこしあん
北條のこしあん


こしあん特上
こしあん特上


白粒あん
白粒あん


うぐいすあん
うぐいすあん


べにいもあん
べにいもあん


ごま小倉あん
ごま小倉あん


粒入りマロンあん
粒入りマロンあん


さくらあん
さくらあん


くれぐれもあんこの量をケチらないでくださいませ!
以上

動画もごらんください