あんこやの和菓子レシピ


 
実店舗ご紹介(幸手本店)
幸手駅にほど近く、国道4号線沿いにある和菓子屋です。

お近くにお越しの際には是非ともお立ち寄りください。
デザイン用ライン
〒340-0115
埼玉県幸手市中2-11-27
TEL:0480-44-1011


【営業時間】
平日 10:00~17:00
【定休日】
土曜、日曜、祝日

店舗運営責任者
店舗セキュリティー責任者
北條裕明
デザイン用ライン

 
携帯ページ
あんこのお取引の流れ あんこのお問い合わせはこちらのEメールで! あんこのお問い合わせはこちらからお電話ください
あんこ・業務用練り餡の通販【早稲田屋】»  イーストの酒饅頭»  お手軽簡単・和菓子レシピ 生クリーム大福の作り方

お手軽簡単・和菓子レシピ 生クリーム大福の作り方

お手軽簡単和菓子レシピ

生クリーム大福

大福餅生地の作り方は
お手軽簡単・和菓子レシピ 電子レンジで作る白玉粉の大福餅生地
を参考にしてください。



割合

餅生地:50g
あんこ:20g
生クリーム:適量
今回は小豆の粒あんを使いました

白あんでもこしあんでもいいと思います。 餅取り粉:適量

難易度はやや高いです
普通の大福や饅頭を包むことに慣れ
てから挑んでください
生クリームをあんこで包むところが苦戦します

1,生クリームを泡立てます。
今回は生クリーム200gに30gの砂糖を使用。
たっぷりの氷を用意し、生クリームを冷やしながら泡立てます。
できるだけ硬くしてください。
生クリーム大福

2,生クリームをトレにの上に適当な大きさに絞りだしてならべ、冷凍してかためます。
生クリーム大福

3,粒あんを分割計量する。今回は20gです。
生クリーム大福

4,冷凍した生クリームをあんこで包みます。
生クリームは溶けやすいので素早く包みます。
包む作業に不慣れな方は苦労されると思います。
饅頭や普通の大福で包む作業になれてから生クリーム大福に挑んでください。

生クリーム大福

包み終わったら、また冷凍してください。
あんこは硬いほうが包みやすいです。
5,餅生地を用意しておきます。
お手軽簡単・和菓子レシピ 電子レンジで作る白玉粉の大福餅生地
を参考にしてください。

7,では包みます。

包む前の準備。

できたての餅は熱いので、薄手の布手袋の上から薄手のゴム手袋をします。




このような固形油を使いますが、業務用なので入手しにくいと思います。サラダ油などで代用してください。


油を塗ったトレイに餅をおきます。


別のトレイに餅取り粉を用意。


餅が冷めると硬くなって包みにくいので、暖かいうちに素早く包んでしまいましょう。
計りにも油を塗ってます。
油は手元に置いて頻繁に使います。


包みましたら餅取り粉の上にならべていきます。

ゴム手袋をはずして布手袋に餅取り粉をしっかりつけて、包んだ大福に餅取り粉をつけます。
うっすらとついていればいいので、余分な粉ははたき落としてしまいましょう。


7,完成です。
生クリーム大福
使用した粒あんはこちら


以上

動画もごらんください

生クリーム大福餅