あんこやの和菓子レシピ


 
実店舗ご紹介(幸手本店)
幸手駅にほど近く、国道4号線沿いにある和菓子屋です。

お近くにお越しの際には是非ともお立ち寄りください。
デザイン用ライン
〒340-0115
埼玉県幸手市中2-11-27
TEL:0480-44-1011


【営業時間】
平日 10:00~17:00
【定休日】
土曜、日曜、祝日

店舗運営責任者
店舗セキュリティー責任者
北條裕明
デザイン用ライン

 
携帯ページ
あんこのお取引の流れ あんこのお問い合わせはこちらのEメールで! あんこのお問い合わせはこちらからお電話ください
あんこ・業務用練り餡の通販【早稲田屋】»  ココア生地の白粒あんぱん

お手軽簡単和菓子レシピ

ココア生地の白粒あんぱん の動画


材料

強力粉:200g
牛乳:200cc
バター(ショートニング):20g
砂糖:20g
食塩:3g ドライイースト:3g
ココア:20g
--------------------------------------
白粒あん:440g
--------------------------------------
生地:40g
あんこ:40g
--------------------------------------
手粉(強力粉):適量

菓子パン生地には耐糖ドライイーストを使います。


牛乳は多くしてます。
牛乳には水分だけでなく固形分もあり、ココアを入れると生地が締まるので多くしてます。

1,ホームベーカリーに牛乳、粉、砂糖、ココア、塩、ドライイーストを入れミキシングします。(10分程度)


こねあがり温度が25℃~30℃くらいになるようにします。牛乳の温度で調整します。

2,ショートニングを入れてミキシング開始。(やはり10分程度)


ミキシングの間にボール・トレイなどにショートニングを塗っておきます。

3,トレイに叩きつけます。


手粉(強力粉)を使って丸めます。
底はしっかり閉じておきます。


4,閉じ目を下にしてボールに入れます。ラップして冷蔵庫で一晩放置。
低温でじっくり発酵させました。
お急ぎの方は25℃くらいで1時間程度発酵させてください。



指を突っ込んで戻ってこない、しぼまない状態で発酵完了です。


5,ガス抜きします。軽く三つ折2回しました。
生地が強ければ軽く、弱ければ強くガス抜きします。


6,丸めて発酵させます。

二次発酵もラップして冷蔵庫で一晩放置しました。
お急ぎの方は25℃くらいで1時間発酵させてください。

7,倍にふくれました。


40g分割計量します。


皮に張りをもたせるように丸めます。底はしっかりとじます


8,型に並べてスチロール箱で25℃~30℃でベンチ。
ここでしっかりと温度を戻しておきますと、柔らかくなり包みやすいです。


9,包みます。
まず平らに伸ばします。


アンベラであんこを包みます。


途中で重さをはかります。


しっかり閉じます。


今回は柔らかい生地に柔らかいあんこを包む包み方です。
生地をしっかりと室温に戻して柔らかい状態にしておくのがコツです。
慣れないと難しいので初心者様はあんこを固くしてあんこ玉をつくってから包みます。
あんこを硬くする方法はこちら
もっと硬くする場合は電子レンジを使って硬くします。
練り切りのあんこの作り方を参考にしてください。求肥を入れる手前まで。かつバサバサになる手前まで。
あるいは硬めのあんこを入手してください。

10,35℃~38℃で最終発酵。
スチロール箱にお湯を張って温度調整します。


最終発酵のあいだにオーブンの温度を上げておきます。
倍くらいに膨らみます。


11,焼きます。200℃15分。


焼き上がったら網の上で冷まします。


パン作りは面倒なものですが、不思議に心が落ち着きます。
パン生地の触り心地も気持ちのいい感触があります。
発酵の匂いも私は好きです。
プロの方は別として、素人のパンづくりは長時間発酵が可能なので、お金で買えない味わいのパンを作ることができます。

心が落ち着くという点ですが、プロのパン屋さんは多品種作りますので、イライラと気の短い方が多いですが、一品じっくり作る趣味のパンづくりは精神安定剤のような効果があります。

動画もごらんください
ココア生地の白粒あんぱん の動画


あんこの購入はこちら!

業務用のあんこ