あんこやの和菓子レシピ


 
実店舗ご紹介(幸手本店)
幸手駅にほど近く、国道4号線沿いにある和菓子屋です。

お近くにお越しの際には是非ともお立ち寄りください。
デザイン用ライン
〒340-0115
埼玉県幸手市中2-11-27
TEL:0480-44-1011


【営業時間】
平日 10:00~17:00
【定休日】
土曜、日曜、祝日

店舗運営責任者
店舗セキュリティー責任者
北條裕明
デザイン用ライン

 
携帯ページ
あんこのお取引の流れ あんこのお問い合わせはこちらのEメールで! あんこのお問い合わせはこちらからお電話ください

 
あんこ・業務用練り餡の通販【早稲田屋】»  さくらかるかんまんじゅう

お手軽簡単和菓子レシピ

さくらかるかんまんじゅうの動画


材料と配合

◯生地
上新粉:100g
砂糖:100g
大和芋:100g
水:50g
卵白:1個分

○さくらあん:200g

○桜花漬:60粉分

◯型は100均にうってたチョコレート用アルミカップを使用。

本来、大和芋でなく自然薯を使いますが、スーパーに置いてるときとないときがあり大和芋にしました。
自然薯は腰が強すぎて扱いが難しいのもあります。
粉はかるかん粉を使うのが本当ですが、スーパーにはおいてませんので上新粉にしました。
本来卵白は入れませんが、家庭用レシピでは卵白を入れるヴァージョンが流行ってる様子。食感が軽くなるので入れました。

1,さくらあんを電子レンジでチンして適度な硬さにしておきます。
1分~2分加熱→混ぜる作業を繰り返します。
硬くしてバサバサする場合は、予熱で5%の水飴を混ぜておくと作業性があがります。


冷ました後、3g計量、丸めておきます。


2,桜花漬の塩抜きをします。まずは熱湯につけます。
しばらく放置し塩を溶かします。


熱いので水につけて冷ましてから布で絞ります。
余分なところをちぎってクッキングペーパーか布巾に並べておきます。花びらは広げておいたほうがいいでしょう。


3,スプーン、アンベラ、包丁の背などかたいもので大和芋の皮をむきます。


おろし金ですりおろします。


4,メレンゲをたてます。
卵白と卵黄を分離。


卵白を軽く泡立てます。


砂糖を半量入れて泡立てます。


ある程度泡立てましたら、残りの砂糖を入れてさらに泡立てます。


メレンゲとしては柔らかいですが、かるかんにはこの程度でいいと思います。

5,大和芋と水を混ぜます。


6,4のメレンゲと5の大和芋を混ぜます。


7,上新粉をまぜます。
結構腰の強い生地です。


7,カップに油を塗ります。
100均のチョコレート用アルミカップを使いましたが、お茶碗でもぐい呑でもなんでもOK。
コシの強い生地なので硬いものが適切です。


8, 花びらをカップの底におきます。


9、カップの1/3くらいの生地を入れます。


10,あんこ玉を入れ少し押し込みます。


11,生地を上から入れます。


12,蒸します。10分蒸しました。


13,串などを突っ込んで火が通ってることを確認してください。


完成です。


使用したあんこはこちら!

さくらあん



こちらは硬いあんこなのでそのまま使えます。
北條の和菓子用こし餡



ご自分で豆煮からあんこを作る方は皮むきあんがおすすめです。作り方はこちら

さくらあんは白練りあんに桜葉を細かく切って混ぜ、食紅で着色したものです。

動画もごらんください
さくらかるかんまんじゅうの動画