あんこやの和菓子レシピ


 
実店舗ご紹介(幸手本店)
幸手駅にほど近く、国道4号線沿いにある和菓子屋です。

お近くにお越しの際には是非ともお立ち寄りください。
デザイン用ライン
〒340-0115
埼玉県幸手市中2-11-27
TEL:0480-44-1011


【営業時間】
平日 10:00~17:00
【定休日】
土曜、日曜、祝日

店舗運営責任者
店舗セキュリティー責任者
北條裕明
デザイン用ライン

 
携帯ページ
あんこのお取引の流れ あんこのお問い合わせはこちらのEメールで! あんこのお問い合わせはこちらからお電話ください

お手軽簡単和菓子レシピ

さくら上用まんじゅうの動画


材料と配合

◯生地
大和芋:65g
上用粉:100g
砂糖:130g

○さくらあん:600g

○桜花漬:20個

◯比率
さくらあん:30g
生地:15g

本来、大和芋でなくつくね芋を使いますが、地方によっては入手難しいです。
上用粉はネットショップで入手できますが、決めの細かいものであれば上新粉でも問題ありません。
さくらあんを使ってますが、こしあんでもいいです。
上用まんじゅうは薯蕷饅頭ともいいます。

1,さくらあんを電子レンジでチンして適度な硬さにしておきます。
1分~2分加熱→混ぜる作業を繰り返します。
硬くしてバサバサする場合は、予熱で5%の水飴を混ぜておくと作業性があがります。


冷ました後、30g計量、丸めておきます。


2,桜花漬の塩抜きをします。まずは熱湯につけます。
しばらく放置し塩を溶かします。


熱いので水につけて冷ましてから布で絞ります。
余分なところをちぎってクッキングペーパーか布巾に並べておきます。花びらは広げておいたほうがいいでしょう。


3,スプーン、アンベラ、包丁の背などかたいもので大和芋の皮をむきます。


おろし金ですりおろします。


すり鉢ですります。


砂糖を混ぜます。


4,ペタペタ折りながら上用粉を混ぜます。


ちぎったときに「ボソッ」という音が出るまで粉を入れるのが通説ですが、私はその手前で止めるくらいがおいしいと思います。


調子に乗って粉を入れ過ぎると硬くなってしまい、あんこを包めません。ご注意!

5,余った上用粉を手粉にして15g計量、丸めておきます。


この生地はすぐに硬くなってしまうので速やかな作業をおすすめします。
大量に作る場合は生地を少し仕込んではあんこを包み、仕込んでは包みと少しずつ仕込むのがコツです。
寝かせてはいけません。

6,あんこを包みます。


回しながら包みます。決して難しい作業ではありませんが、手早さが求められますので小麦まんじゅうなどで十分練習を積んでから挑んでください。

包んだら手頃な大きさに切ったセパレートペーパー、クッキングシートなどを下に敷いておきます。

花びらを載せます。


7,蒸し器の蒸気を上げ、キッチンペーか布巾を濡らして絞って敷いて、その上にまんじゅうを並べます。
網なら問題ありませんが、家庭用の蒸し器は網ではないのでまんじゅうの底に蒸気があたりにくいので、紙か布の上にまんじゅうを並べると蒸しやすいのです。
割れ防止に酢水を霧吹きします。酢:水=2:8


割れるか割れないか、最強の蒸気で一気に蒸します。

蒸しあがったら冷まします。


完成です。


使用したあんこはこちら!

さくらあん



こちらは硬いあんこなのでそのまま使えます。
北條の和菓子用こし餡



ご自分で豆煮からあんこを作る方は皮むきあんがおすすめです。作り方はこちら

動画もごらんください
さくら上用まんじゅうの動画